menu

ラブホテルの利用方法は

豪華な部屋

1つだけではない

飲み屋街のはずれによく見掛けるラブホテルであるが、昨今ではその利用方法が多様化してきていることを、ご存知だろうか。ラブホテルといえば、男女が性行為をする目的で利用するものであるという視界が深いだろう。繁華街に位置しているのもそれが理由で、アルコールが入った人は性欲が高まる傾向にある場合が多い。そんな時に、行為に及べる場所が近くにあると稼ぐことができるので、飲み屋街の近くにラブホテルが建っていることが多いのだ。
そういった場所にあることから、ラブホテルに近寄りがたいと思っている人も少なくはないだろう。治安が悪く、あまり訪れたくない場所であるというイメージを持っている人もいることと思う。しかし、現在全国各地にあるラブホテルの中には、そんなイメージを一掃してしまうようなものが数多く存在している。

きらびやかなライトが煌々と輝いているようなラブホテルをイメージする人は多いかもしれないが、一概にそのような見た目だけであるとは言えない。ガーリーな雰囲気を醸し出しているホテルや、かわいらしいイメージの外装のもの、清潔な印象を持つことができる見た目のホテル等、外装に好感を持てるようなラブホテルが多く存在しているのだ。これならば、繁華街の近くに位置していたとしても、入りやすい演出ができているのではないだろうか。



複数人で利用できる

昨今では、ラブホテルは繁華街だけに位置しているとは限らないものとなってきている。大きな駅の近くや、高速道路の近く等、交通の便利な位置にあるラブホテルも多く存在している。これは旅行者でも利用できるように配慮されているものと考えられる。ラブホテルは通常二人で利用するものというイメージがあるかもしれないが、三人以上で利用することも可能なホテルもあるのだ。四人で一部屋を利用できる場合もあるが、消防法を理由に一部屋三人までしか利用できない場合もある。もし四人以上でラブホテルを利用する場合は、部屋を二つ以上使用することになるので、考慮しておこう。

また、男女二人が利用するというイメージがあるラブホテルだが、旅行者も歓迎しているホテルでは、家族での利用や女性同士での利用も歓迎されている場合がある。ラブホテルを家族で利用することにためらいがある人もいるかもしれないが、ラブホテルであるとわかるような見た目ではない場合があるので、気兼ねなく入館することができる。ただし、部屋の中にあるベッドはダブルベッドであるので、別々に就寝することができないことを理解しておこう。ホテルによっては、事前に予約しておけば部屋の中に予備のベッドを用意しておいてくれることもあるので、予約するときにホテルに問い合わせておこう。

様々な利用状況

また、多くのラブホテルでは一八歳未満は入館禁止とされている。しかし、旅行者の利用も歓迎しているホテルでは、その限りではない場合もある。家族で利用する場合は、子どもが利用できるようになっているホテルもあるのだ。もし未成年だけでラブホテルを、旅行先の宿泊施設として利用する場合、保護者の利用承諾書が必要になることがある。未成年同士では利用できないこともあるので、ラブホテルの公式ホームページで利用の仕方を事前に呼んでおこう。

家族や友だち同士で利用することができるだけではなく、一人で利用することも可能なホテルがある。出張で宿泊するホテルが決まっていない場合に、ラブホテルの利用がおすすめだ。ビジネスホテルでシングルを利用すると、割高に感じることがあるだろう。特にビジネスホテルの部屋は必要最低限のスペースと物しかないので、窮屈に感じるかもしれない。しかしラブホテルでは、通常二人でくつろぐために作られているので、広々としたスペースを利用することができる。一人でダブルサイズのベッドや部屋を利用することができるので、出張先での疲れもしっかりと癒すことができるかもしれない。

コンテンツ一覧

ベッドの上に置いてあるお酒とプレゼント

「旅行先での宿泊にも、ラブホテルはおすすめ!」のコンテンツ一覧です。

read more »

会員になればお得

ラブホテルの中には、利用者によって金額がかわってくるところもある。女性同士での利用は半額であったり、家族で利用する際に子どもは無料で利用できたりといったサービスがある。